総統閣下の憂鬱

世捨て人の戯れ言

大迫半端ないって

オマーン戦で大迫が2得点の活躍をした。

最初はヘッド、次はパスを受けてのシュート。

大迫はポストプレーヤーとしてボールが収まるから
清武のピンポイントパスが良く活きる。二人は相性が抜群。

本田がフィジカルが強いがゆえに時々やらされるワントップと
しての役割にもっとも近いプレーができるFWだろう。

2点目の相手をフェイントで交わしてのシュートはまさしく
ストライカーとして十分の得点だった。

本田や岡崎、香川といった固定メンバーからしたらポジション
争いが流動的になって代表も活性化するだろう。

宇佐美や武藤らが怪我から復帰して争いに参加すればもっと
面白い。代表呼ばれない選手も海外のクラブで代表呼ばれる
ように専念すればいい。日本と欧州の往復は選手に負担が
大きすぎるだろう。

ただ、サイドが長友、内田からダブル酒井になったが層が薄いのが
気にかかる。ここがケアできないでダメだと一気に相手に崩されるので。

サウジ戦はこの調子なら期待できそう。