読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総統閣下の憂鬱

世捨て人の戯れ言

アスカ不起訴

アスカが再逮捕されて不起訴で釈放されました。

任意で尿検査→逮捕→否認→不起訴→釈放

という流れで任意の尿検査の尿が尿でなくお茶にすり替えられた可能性を否定できないとのことで不起訴となったようです。でもこれ、凄い疑問に思うことがあるんです。それは、

今まで任意の尿検査で逮捕されて裁判で否認した人いなかったんですか?

ということです。結局任意の検査ではそこまでしっかり警官が尿を採取する現場を見ていないらしく、すり替えの可能だというわけです。その検体から薬物が検出されたのは間違いないけれどそれがアスカさんの尿だと断定できないとのことです。

私はてっきり任意で逮捕された後にまたもう一度正式に警察が尿検査をするのだと思ってましたが違ったようですね。警察としても薬物を所持していれば使用ではなく不法所持で逮捕できるため、関係先を捜査したようですが薬物は発見できなかったようですね。

恐らく尿を再検査しても、既に日にちが経過して検出されない状況だったのかわかりませんが、そもそも薬物って検出されなくなるのは使用後どのくらい経過したのか気になります。検査の検出リミットは使用後何日経過したらになるのでしょう。

あと髪の毛の毛髪検査などは役に立たないのでしょうかね。もしかしたら毛髪検査もしていて、そこからも検出されてなくて全くのシロだった可能性も少なからず出てきたんじゃないのかと思うのですが・・・・

それにしても暴力団関係者などで今まで「任意検査→逮捕→否認→不起訴」という流れがなかったのか疑問です。いま、任意で逮捕されてる薬物使用の方はみんな否認すれば不起訴になってしまいますよね。