読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総統閣下の憂鬱

世捨て人の戯れ言

集団的自衛権の憲法違反

集団的自衛権憲法違反だとここにきて話題になっているけど、それをいったらそもそも自衛隊自体が憲法違反じゃないのかな?という感じになると思うのですがね。

個別的自衛権は人が呼吸や睡眠をして生きている様にどの国家にも固有の権利として認められるものですが、

“陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない”

と「国の交戦権は、これを認めない」と憲法自体で個別的自衛権自体否定してる気がするんですよね。集団的自衛権憲法違反ならそれ以前に自衛隊が「自衛隊=陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」に違反すると思うんですけどね。

それなら明確に“日本は戦争を放棄するが自衛のための軍隊を持つ”と変更すれば「侵略戦争禁止・自衛権は保有(解釈で個別も集団も両方採用することが可能)」という含みをもつことが可能になると思う。個別と集団に関しては時代によって変わってくるので一概に決められず時代によって柔軟に対応する必要がある。現在は多額の軍事費が必要なので費用節約の面からも集団的自衛権採用が世界の中で一定の基準になっているというか国連自体が集団的自衛権組織。

政治に興味のない一般の人は「改憲=戦争を始める」と勘違いしている人も多いと思うが新しい改憲憲法をわかりやすい日本語表記にして「侵略戦争禁止」「自衛隊は防衛のための軍隊」にすれば改憲はけっこう受け入れやすいと思う。改憲の際に具体的にどのような文脈になるかわかってない人が多いから想像で「戦争始める様に書き換える」と勘違いしている人が多いのではないだろうか。